人気育毛剤【チャップアップ】と医薬品【プロペシア】との併用を考えている人は少なくありません。

このページではそれぞれ【チャップアップ】【プロペシア】を解析して併用するに値するのか調べてみたいと思います。

併用する意味

そもそも薄毛治療で、2種類以上の治療を併用する必要があるのか?という疑問があると思います。

実際治療を行ってみるとわかるのですが、薄毛の進行度にもよりますが単体での治療はハッキリ言って力不足です。

現在の治療の主流は、異なったアプローチの複数治療の併用です。

異なったアプローチというのは、例えば【育毛剤】【育毛サプリメント】などの組み合わせのことをいいます。

反対に同じアプローチというのは、【育毛剤A】【育毛剤B】などの組み合わせのことをいい、ほとんどの育毛剤は似たり寄ったりの効果の成分がはいっているので、本来の力が発揮できずにもったいないです。

チャップアップとプロペシアの併用

効果

チャップアップとプロペシアを併用しても全く異なったアプローチなので相性は良いといえます。

第一に外用薬であるチャップアップと内服薬であるプロペシアなので、アプローチが異なります。

第二に機能面ではチャップアップは、【血行促進】【頭皮の健康】【育毛成分】なのに対して、プロペシアは【AGAによる脱毛予防】と少しも効果がかぶっているところがありません。

 

育毛をする上で大切なのは【脱毛の予防】と【育毛】の両方が必要です。

【脱毛の予防】をおろそかにすると【育毛】しても効果が薄れてしまいますし、【育毛】をおろそかにすると【脱毛予防】だけでは現状維持が関の山です。

 

チャップアップとプロペシアの組み合わせは【脱毛予防】と【育毛】の両方を満たすことになりますので、とても相性の良い組み合わせだと考えられます。

副作用

体に影響がないか?心配な人も多いと思います。

 

まずチャップアップは医薬部外品なので副作用がありません

もし副作用があれば医薬部外品として認定を受けることができません。

ただ稀に成分が体質に合わない場合があり、チャップアップは数多くの成分が配合されているためちょっと注意が必要です。

 

次にプロペシアなのですが、医薬品の為副作用があります

プロペシアの製造元であるMSD社のHPを見てみると以下の副作用が確認されています。

【過敏症】

瘙痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)

生殖器

睾丸痛、血精液症、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)

リビドー減退

勃起機能、射精障害、精液量減少

【肝臓】

AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇

【その他】

乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

 

頻度として高いのが【生殖器】のリビドー減退(1~5%未満)、勃起機能・射精障害・精液量減少(1%未満)です。

ちなみにリビドー減退とは、性欲や性衝動が減退することです。

参考 プロペシア製造元MSD社

まとめ

【チャップアップ】と【プロペシア】の副作用についてわかってもらえたと思います。

【プロペシア】のみに副作用があり特に【生殖器】に関する副作用の可能性が高いので、使う人はちょっと覚悟が必要です。

ただしリビドー減退が5%未満で、勃起機能・射精障害・精液量減少が1%未満なのを考えるとそこまで恐れる必要はないでしょう。

 

また【チャップアップ】と【プロペシア】を併用することで何か問題があるのか?ということですが、【チャップアップ】と【プロペシア】の公式ページをくまなく読んでみてもそういった記述はありませんでした。

ネット上で併用をしている人を探して問題がある人がいないか?調べましたが見つかりませんでした。

料金

薄毛治療は効果が目に見えるまでに3~6ヶ月かかり、キープする為にも治療を継続していかなければなりません。

そこで大切なのが毎月いくらまで薄毛治療にお金をかけられるか?という問題です。

無理をしても継続しなければ結局は意味のないものになってしまうので料金をしっかり把握しておきましょう。

 

チャップアップは1本で7400円です。

アマゾンや楽天で購入しても料金は同じなので、返金保障のついている公式ページで購入するのが1番でしょう。

 

またプロペシアは、いくらと決まった料金がありません。

自由診療のためクリニックごとにプロペシアの料金が異なります。

調べてみたところプロペシアの価格設定は7000円以上が多いと感じました。

この記事を読んでいる人にぜひお勧めしたいのがプロペシアのジェネリック薬である【フィナステリド錠】です。

ジェネリック薬とは同じ効果の薬を低価格で買える後発発売の薬です。

美容クリニックで有名な【湘南美容クリニック】では【フィナステリド錠】が3000円となっています。

まとめ

【チャップアップ】と【プロペシア】を併用すると1ヶ月15000円以上はかかることを覚悟しといたほうがいいでしょう。

ジェネリック薬の【フィナステリド錠】を併用すれば、月額10000円弱の費用で済むこともできます。